大会ヒストリー

第42回 大会(2020)

第42回大会(2020年)東京都が2年連続12回目の優勝

今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で大会開催が延期となり、
例年の11月から4カ月遅れでの3月開催となった(3月17日~19日)。

大会期間中は様々な予防策を講じた上で、安心安全な大会を心掛けて準備をし、
都道府県大会代表の13チームの参加により全国決勝大会の初日を迎えた。

決勝は埼玉を3勝0敗で下した東京と、愛知を2勝1敗で倒した神奈川の関東勢対決となり、
東京が神奈川を3勝0敗で破って2年連続12回目の優勝を果たした。
3位決定戦は、愛知が埼玉に2勝1敗で勝利をおさめた。

  • 優勝

    「東京都」

  • 準優勝

    「神奈川県」

  • 第三位

    「愛知県」

  • 第四位

    「埼玉県」

第42回 大会結果

1回戦
1回戦
準々決勝戦
準々決勝戦
決勝戦・準決勝戦・3位決定戦
決勝戦・準決勝戦・3位決定戦



過去の代表選手

過去の戦績



もう一つの「全国レディーステニス大会」(関西大会)

第42回全国決勝大会の試合が開始される時刻と合わせて、
本来は休業日の山城総合運動公園テニスコート(京都府宇治市)で
もう一つの「全国レディース(関西大会)」が『本大会と同じ試合方法・無観客』で開催され、
全国決勝大会への出場が叶わなかった「京都府・滋賀県・奈良県」の代表選手らの参加により試合が行われました!


大会名

もう一つの「全国レディーステニス大会」(関西大会)

日程

3月18日(木)

場所

京都府宇治市の山城総合運動公園「太陽が丘テニスコート」

参加者

全国決勝大会に参加できなかった滋賀県、京都府、奈良県の代表選手と監督、支部長

参加選手のお声

滋賀県

「場所は違えど同じ空の下でこの大会を開催していただき感謝しています。
今年の全国へ向けてあと半年、もう1年このペアでの経験値をプラスして再び全国を目標に頑張ります!」

京都府

「みんな思いは一緒と思いますが、目標にしていた全国へ行けなくなった事は凄く残念です。
だけどこの状況は理解したいと思います。コロナ禍でも大会を開催いただいた事には感謝しており、次も代表になれれるよう頑張ります!」

奈良県

「この様な状況なので全国大会へ行けないのは仕方ない事だと思いますが、この大会を企画・開催してくれた事に感謝しています。」